Sitting closs-legged

この姿勢から何ができる?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ファーガスのキルティングコート  

キルティングコート5


去年、パターン改造が済んだ時点で力が尽き、
そのまま年を越して寝かせていた生地とパターンで、やっと取り掛かったもの。
生地はホビーラホビーレ限定のファーガスのキルティング。バイアステープはC&Sのコーデュロイ生地のもの。
パターンはRick Rackの「リセエンヌコート(フード仕様)」をダブル打ち合わせからシングルにアレンジ。丈も延ばした。

キルティングコート3

このパターンを選んだ決め手のひとつが、このポケット。カーブした入り口が気に入った。
内側の別布は手を入れてもひやっとしないように、起毛生地を使用(近所の手芸店で購入)。
タグはPres-deで。着るとひっくり返って裏側しか見えん(泣)。

自分のキルティングコートは何年か前に縫ったことがあるし(それで先代のミシンを壊したのだが)、娘の分も作ったことがあるので、難しい工程はそれ程なかったのだけど、
なにせ縫い進めていく度に巨大化していくため、あっちを丸めて縫い、こっちを畳んで縫い…。
さらに、脱ぐことを考慮して、縫い代はすべて折り伏せ縫いorバイアス始末。これが一番面倒くさかったなあ…。
特に袖つけ部分の縫い代始末は、ほとんどコートが完成した状態で始末するので、デカいやらグルグル回して縫わなあかんやらで、「キーッッッ」となりながら完成。
仕様書にない工程にいちばん時間がかかったような気が。

キルティングコート4


着てみた。思ってたよりも薄手。そして地味。
(今年出たファーガスの方が好みだったなあ)
フードに立ち上がりがあるので、全部閉めると風も防いでくれそう。

キルティングコート7


キルティングコート6

アパレルのように、外側を無地、内側をリバティにしようかとも考えていたのだけど、ナイロンがいかにも「裏地です!」って感じの生地だったため、外側をリバティに決定。
もう少しいい生地を使ってくれるとありがたいんだけどなあ…。

スポンサーサイト

category: 縫う(私)

tb: 0   cm: 0

副反応?  

昨日のインフルエンザの予防接種。
今日になっても打った所が腫れていて、
何かに当たる度に「いてっ」。
どことなくお腹の調子もイマイチ。
一緒に受けた娘は平気なんだけどなー。

category: 日常

tb: 0   cm: 0

赤い糸のブレスレット  

赤い糸ブレス1


時々見かけるこんなブレスレット、自分なりに作ってみた。


材料は、赤い糸(シルクを使用)と、マロンカットの石(シトリン)、ゴールド(14kgf)のボール。

赤い糸ブレス3
赤い糸ブレス2

シトリンの穴に針が通らないので、糸に手芸用ボンドをつけて、撚り合せて固める。これが針の代わりになる。

赤い糸ブレス4
赤い糸ブレス5
赤い糸ブレス6

これでビーズが糸に通りました。

売っているものは糸が1本のものが多いのだけど、
自分には華奢すぎて不安なので、もう5本糸を用意して、2本ずつの三つ編み。
途中でビーズを編み込むのを忘れないように。

赤い糸ブレス7

あとは金具をつければ完成、なんだけど、手持ちのパーツがないので、
ここからはまた後日。


なんか顔みたいだな。

赤い糸ブレス8

category: 作る

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。